読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バットマン

おさななじみと自宅シアターで2本観た。

父の部屋にあった『バットマン

小さい頃は悪役ジョーカーが怖くてまともに観れなかったなぁ。自分が生まれる前に作られたアメコミ映画かぁ、ちゃちかったらやだなぁ。

そんなマイナスな感情を持ちつつ、観始めた。

 

すると、、、、

 

これは、、、、

 

 

ジョーカーは完全な悪ではないと、大人になった僕は感じた。

『正義の反対は悪じゃない、正義だよ。』

法学部に進んだおさななじみは言った。

じゃあ悪ってなんだ?

どんな人間にもいいところはある。

人間が人間の一面を観てこいつが正義、こいつが悪と決めることは、自分の考えを持つ上で大切かもしれない。

けどそれだけじゃ、世界は平和にならないと思う。

自分の世界も、地球全体としての意味の世界も。

 

『おもしろかったね、ダークナイトも借りてきて観よう。』

続けてダークナイト鑑賞。

そこにバットマンを見つけることは、今の僕には出来なかった。